住宅づくりについて知ろう。注文住宅を選ぶメリットとは?

希望通りの住宅が作れる

分譲住宅は完成した住宅を選んで購入する事になりますが、注文住宅の場合は一からデザインや間取りを決める事ができます。そのため自分の希望通りの住宅を実現できるので、住宅の間取りやデザインに強いこだわりがある人でも満足できる住宅を作れます。また分譲住宅の場合は建てる場所も業者が決めるので、住宅を建てる土地を直接決める事はできません。しかし注文住宅は土地選びから自分で行うので、建てる場所を直接決める事ができます。分譲住宅の場合は同じデザインの住宅が同じ区画に建てられる事がありますが、注文住宅では近隣の住宅との違いを出せます。また分譲住宅では個性の強いデザインは採用されにくいですが、注文住宅では自由に作れるので珍しいデザインで独自性を出しやすいです。

将来の為の家づくりができる

住宅の購入時にこれから家族が増える可能性があったりと購入時と将来では必要な機能性がまったく違うという場合もあります。
子供が生まれたばかりの場合は部屋に仕切りをしたり、それを取ったりできるような機能性など子供の成長や家族のライフスタイルの変化を予測した家づくりをしたいと希望しても分譲住宅では希望にあったものが見つからない事もあります。このような分譲住宅ではなかなか見つからない機能性を持った住宅も注文住宅では自由に実現できます。また将来的に住宅の増築や大幅な修繕を考えた時はそれを見据えた設計にしておいた方が後でリフォームが楽に行えます。注文住宅ならば将来的なリフォームまで考えた住宅作りができるのです。

建売住宅というのは、販売する時点で完成している物件が多いため、購入してすぐに入居できる点が魅力です。